Category: Paid Search

AdRoll APIのご紹介 0

AdRoll APIのご紹介

By Nori Shida AdRollのAPIについて AdRollのAPIについて概要をご紹介します。AdRollでエンジニアをしている志田です。 目次: 1. アドテク分野に求められるAPI 2. AdRollのAPI、 APIのサンプル 3. Developer portalの紹介 4. 今後の展開と次回の内容 1. アドテク分野に求められるAPI 広告IT製品のAPIではレポーティング、作業自動化のAPIが求められます。 マーケターは複数製品を組み合わせてマーケティング施策を実行・管理しており、どの製品が何のパフォーマンスに影響しているか把握する際にレポーティング情報は必須です。単一の製品のレポートを複数並べても、そこから類推したり結果を算出するのは難しいですよね。 例えばITインフラのレポートを例に取ると、fluentd(http://www.fluentd.org/)のような集約ツールで集約し、Elastic searchにデータを投入、Kibanaでビジュアル化する・・というのがトレンドとしてあります。 アドテク分野ではGoogle Analyticsと各ベンダーのレポートを比較してそれぞれ判断するというのが主流かと思います。 製品・サービスは多岐に渡り、レポートを1つに集約し、集約するためにどう複数のレポートからデータを参照するかは重要で、簡単なことではありません。 また、広告は様々な種類のサイズが存在します。どの面でどのクリエイティブの広告を出すか?1つのキャンペーンで数十の広告が存在するケースもあります。 結果、複数のキャンペーンを管理する広告代理店の工数は非常に大きなものになります。どこのIT産業でも言われる「自動化」の流れはアドテクにも当然きており、広告の入稿やキャンペーンの開始など、可能な限り人的工数を取り除きたいニーズがあります。 入稿がギリギリで深夜に複数人で一気に更新をかける・・というケースは私達の業界では避けられない事象です。そうなるとミスが発生したり、働いている人のやる気を削いでしまうというような望まれない結果を伴うことがあります。 プログラマティック広告という言葉が出てきており、自動化することで良い循環が生まれます。 2. AdRollのAPI、APIサンプルのご紹介 AdRollでは上記に述べたレポーティング、作業自動化のAPIを提供しています。 Reportingについては以下のURLからどんなレポートが取得できるか閲覧できます。 AdRollのデベロッパー向けサイト...

0

AdRollの働き方改革:月曜の朝は出社不要ーAdRollの斬新な取り組み

By Satoshi Ogawa 皆さんは、IT企業のオフィスや働き方やオフィスにどんなイメージがありますか?無料の食事やおしゃれなオフィス、ユニークで充実した福利厚生制度をイメージする方が多いかもしれません。 弊社にもMonday Night Dinner、Wednesday Morning Bagle、無料のスナックやドリンク、たくさんのソファーやスタンディングデスク、卓球台など、「それっぽい」福利厚生制度は色々あります。 AdRollのコアバリュー(本質的価値観)となるスピリットアニマル AdRollは創業当時から6種類の動物を使い自分たちの本質的価値観を表現してきました。創業からちょうど10年経つ今もそれは変わりません。6つの概念を親しみのある動物で示すことで、社員全員が自分ごと化し、これに基づいて活動をするようにしています。 福利厚生や働きやすいオフィス作りなどは全てこのスピリットアニマルで表現されるAdRollのコアバリューに基づいて行われているのですが、今回はこれらの制度のうち、特に社員の健康や仕事以外の時間を楽しんでもらうために行なっている「働き方改革」に関する施策をご紹介します。 「マニックマンデイ」で月曜日を一番楽しみな曜日に「1週間のうち一番好きな曜日は?」と聞かれて、「月曜日!」と答える方は、きっと少ないのではないでしょうか?休み明けの疲れが残っていたり、楽しかった週末を引きずっていたり、あるいは前の週にやり残した仕事のことが頭をよぎったり・・・。 ひと頃「サザエさん症候群」とか言われましたよね。まだ死語じゃないんですかね?まあ、気持ちはわかります。「また1週間が始まるのかあ」と感じてしまうと憂鬱になりますよね。 じゃあ、月曜の朝、無くしちゃえばいいんじゃない?というのが私たちの発想です。 名付けて「マニックマンデイ」プログラム。この言葉にピンときた方は私と同世代か、かなりのロック好きです。そう、80年代に活躍したバングルスというガールズバンドの代表曲、「マニックマンデイ」。あのプリンスが名曲「1999」をモチーフに歌詞を変えて彼女らに提供したナンバーです。ボーカルのスザンナさん、可愛かったですね。 それはさておき、このプログラムは、 月曜日の朝は11時までに出社すればOK というものです。11時出社でも、9時から来たとみなし18時には退勤が可能。これで、週末に目一杯リフレッシュできますね。会社としても憂鬱な気持ちで週を始めてもらいたくはありません。日曜の夜になると翌朝が気になって、そんなに遅くまで遊んでいられない気持ちになりがちですが、少し出勤時間を遅くすることで、ゆっくり週末を楽しみ、リフレッシュした気分で出社できるのではないかという思いから始まった取り組みです。 AdRollは本社がアメリカのサンフランシスコにあります。そのため、日本の月曜の朝はアメリカでは、まだ日曜の夕方です。早朝会議が組まれることも、メールが飛んでくることもありません。日本のクライアント先とも月曜朝一でアポイントが入る可能性が低いため、無理に出社しなくてもいいというわけです。 勤務間インターバル制度は驚きの12時間今年になって俄然注目を集めているのが、勤務間インターバル制度。EUの基準では11時間ですが、日本では先進的な企業でもそこまで踏み切るところはまだまだ少ないのではないでしょうか。 そんな中、AdRollが始めた制度はなんと12時間のインターバル制度。例えば止むを得ず22時半まで仕事をした場合、翌日は12時間経過した、翌朝10:30までに出社をすればいいということになります。給与もご心配なく。9時から働いたとみなし、18時には退勤可能です。 もちろん、深夜勤務を推奨しているわけではありません。時間外勤務は極力なくし、空いた時間を自分の趣味などのリフレッシュとインプットの時間に使って欲しいと思っています。仕事だけになると、プライベートの時間はどんどんすり減ってしまいます。プライベートライフが充実していなければ、斬新なアイデアなど生まれてくるはずもありません。私たちは変化の激しい業界で闘っていますから、常にアンテナを高く広く張り巡らし、柔軟な発想を持ち続けることが欠かせません。仕事一辺倒ではなかなかそれは難しいですね。 金曜日は毎週プレミアムフライデーこの他にも、毎週金曜日の夕方はWrap Up Meetingと言う、全社員が集まり1週間の振り返りと全員が知っておくべきことを共有する場を設けています。17時になると会社が提供するビールやつまみ片手に、三々五々会議室に集まります。会議が終われば、そのまま”Happy Friday!”と言って帰宅したり、そのままの勢いで六本木の街に繰り出す仲間たちも。 「働き方改革」というと長時間労働ばかりフォーカスされている感がありますが、決してそうではないですよね。文字通り「働き方」を「改革」していくためには、従来の発想を切り替えていく必要があるのではないでしょうか?私自身、週5日勤務の枠組みの中で2社を兼業し人事の仕事をやっています。それが許されるのも弊社のユニークで自由なカルチャーを表しています。また、兼業していても週休2日は確保できているのですから、昔の異常な働き方はなんだったのだろうと思わざるを得ません。次回のブログでは兼業についてお話したいと思います。 The post AdRollの働き方改革:月曜の朝は出社不要ーAdRollの斬新な取り組み appeared first on...

0

クリックとビューを組み合わせる「アトリビューションブレンド」とは

By Yukiko Kiki Kawamura 多くのデジタルマーケターにとって「アトリビューション」は、重要性を認識していながらも導入に踏み切れない、悩ましい存在ではないでしょうか。確かにアトリビューションの仕組みは一見すると複雑で「最初のクリックと最後のクリックどちらを測定すればいいのか」「ビューも測定すべきなのか」など考えるべきことが多くあり、導入へのハードルを感じる人が多いこともうなずけます。 急速に注目度が高まるアトリビューションAdRollが2017年5月に発表した調査(State of Performance Marketing Report 2017)では、1,050人のマーケターのうち85%がアトリビューションを「不可欠」「とても重要」と回答しました。同様の回答が前年(2016年)の調査で35%だったことを考えると、アトリビューションへの関心が急速に高まり、広告効果測定への認識が転換点を迎えていることが分かります。 アトリビューションへの関心が高まっている理由1. 戦略的な予算配分のために、広告施策への正当な評価が不可欠: 「コンバージョンに広告がどのくらい貢献したか」という分析が間違っているということは、その分析結果を起点とした適切な予算配分ができないことを意味します。つまり戦略的な予算配分のためには、広告のコンバージョン貢献度に対する正当な評価が不可欠です。2. テクノロジーの進歩によってあらゆるオーディエンスデータが把握可能に: テクノロジーの進歩によって、現在ではあらゆるタッチポイントにおけるオーディエンス行動の把握が可能になりました。テクノロジーがマーケターの「理想」に追いついたことによって、把握可能となったオーディエンス行動をマーケティング活動に最大限に生かすことが、マーケターの急務となっています。 本ホワイトペーパーでは、そのような背景の中でもいまだ主流となっているラストクリックによる広告効果測定について「ラストクリックだけに依存するのではなく、他の手法と組み合わせるべき」と提唱し、その理由を以下のように整理しました。 「ラストクリック」と他の手法を組み合わせるべき理由 ・「広告をクリックする人」は全体の16% ・ラストクリックでは「広告がなくても購入するようなユーザー」が見つかりやすい ・購入(クリック)前に実施されたのマーケティング施策の効果が正確に測定されない ラストクリックによる広告効果測定は、便利だからこそ生き残っているわけですが、他の手法と組み合わせることで精度はさらに高まります。広告をクリックするのはユーザー全体のわずか16%、そのまた半分の8%がディスプレイ広告における全クリックの85%を占めていると言われています。つまり、ラストクリック・アトリビューションが追跡できるのは、この「ナチュラルボーンクリッカー(生まれつきクリックする人)」と呼ばれるグループだけなのです。 視点を変えるとラストクリックによる広告効果測定は、元々購入する可能性が十分に高いユーザーを見つけやすいという特徴があると考えることができます。しかし本来広告というのは、放っておけば購入しなかった層に対して、広告に触れることで製品やサービスの購入を検討させるという目的をもっているはずです。 それに対してラストクリックによる広告効果測定では、最後のクリックだけが購入に貢献したものと見なされ、購入前に実施されたその他のマーケティング施策の効果は無視されます。つまりラストクリック以前に購入者が触れたメッセージも、購入ブランドに関するコンテンツとの接触も、測定されないのです。この状況は、購入に対するパブリッシャーの貢献度が正当に評価されない恐れがあると言えます。 「アトリビューションブレンド」:ビューとクリックの両方を測定 「アトリビューションブレンド」とは: 購入前の広告のビューとクリックの両方を顧客タッチポイントに織り込みます。 クリックに基づく測定のシンプルさと即時性を保持しながら、ビューの累積効果を考慮した指標です。 最後のクリックを生み出したタッチポイントにとどまらず、すべてのデジタルポイントを 把握し、タッチポイントとコンバージョンの関係性を理解するため、クロスチャネルのカ スタムアトリビューションモデルに投資しましょう。さまざまなカスタムモデルをテストして、 オーディエンスの行動に大きく影響するタッチポイントのいちばん正確な見取図をもた らすモデルを見つけましょう。 この「アトリビューション・ブレンド」に関するビューがコンバージョンに及ぼす影響を測定するA/Bテストのケーススタディや「顧客タッチポイントがコンバージョンに貢献したと判断できる期間」(貢献度をより正確に把握するために考慮すべき変数)を表す「ルックバックウインドウ」という係数について、業種ごとの特徴を考慮した独自のリストを『AdRollガイド:「アトリビューションブレンド」を使った効果測定』レポートにまとめています。「広告を見ること(ビュー)が顧客の行動に影響する」ということは、すでに広告主の皆さんもご存知からと思います。そこからさらに一歩踏み込んで、ビューとクリックの組み合わせによる広告効果の正確な見取図を作成するために、ぜひご参考までにご一読いただければ幸いです。...